アダルト情報の宝庫 エロ生速報

学生時代の貧乏だった僕の性処理は大家のおばさん

アパートの大家さんとのセックス事情

セックスを行っている熟女 学生で下宿をしていた時の話です。
大家のおばさんは45歳くらいで、体がムチムチでお色気抜群の熟女でした。
いつも朝はアパートの前で水撒きや掃除をして、
必ず挨拶をする事が日課でした。
大家さんは凄くいい人で旦那さんは学生の僕よりも早くに出勤しているので、
顔はまだ見たことありませんでした。
時にはご飯まで作ってくれるとても親切な大家さん。
そんな感じだったので真面目に家賃を支払っていました。
その頃は彼女もいて、時には下宿先に連れ込んだりして、
その事も大家さんは知っていたので普段通り「お帰りなさい」と言ってくれた。
そんな生活が続き、三年生になった時、僕は体調を崩してしまい寝込んでいました。
学校にも行けなくなり、一時は実家に帰り、家賃を滞納していました。
そして、体調も良くなり、大家さんに滞納した事などを色々謝ろうとした時でした。
「そんな所で話さなくていいから中に入って!」なんて招きいただいてリビングに通されました。
この日の大家さんは普段よりトゲがあるようで少し怖かったです。
テーブルに座ると体調を崩した事などを聞かれ、滞納した事を何とか許してもらっている矢先でした。
いきなり隣に座り、「どの辺の具合が悪いの?」と体を触り始めた。
その一瞬で恐怖心が芽生え、遠慮がちに体を引くと、
「動かないで!!!」と強めに言われました。
大家さんは椅子から床に座り、僕の股間付近の匂いを嗅いでいます。
そして、正座をするようにして座り、されるがままにズボンを脱がされフェラチオでペニスを咥えられました。
ねっとりと絡みつくフェラチオに抵抗する事もなく感じてしまっている自分。
心臓がバクバクしながら心の中で「やべぇ」の言葉。
そんな大家さんのフェラチオに今までにないくらいビンビンに勃起している…
こんな気持ち良いフェラチオは初めてだったので、大家さんの口の中にたっぷり射精してしまいました。
完全に僕の頭の中はおかしくなっているので、自然と大家さんの服を脱がしてしまっていた。
ムチムチに詰まっていた柔らかい肉。
セックスを行い、ピストンする度に汁を垂らしながらいやらしい声で喘ぐ光景は感動的でした。
それからと言うもの、旦那さんが自宅に帰ってきているのに、僕の家でフェラチオしてくれたり、
出張でいなくなると大家さんと寝たり、一晩中セックスをしていました。
今は就職をして大家さんとは会う事はありませんが、
たまに無意識にアパートの前を通ってしまいます。