アダルト情報の宝庫 エロ生速報

セックスで得られる幸せ&効果

ベットに寝ている女性 世界で最も美しく、楽しく、気持ち良いといえば「セックス」でしょう。
そんなセックスに注目して、
今回説明する事が「定期的なセックスや性行為を維持する事の重要性」です。
セックスと言うのは子孫を残す為の行為だけでなく、
体の健康状態を整える効果もある事をご存知でしょうか?
もし、セックスをやめたり、禁欲期間が長く続くと体には色々な変化が起こってしまうので、
今から説明する事をしっかり頭に入れてましょう。

セックスで起こる体の変化

:ストレスレベルが上昇する
セックスにはストレス発散効果があります。
充実したセックス・性行為を行う事でストレスホルモンの分泌が制御され、
リラックスした気分が継続するようになります。
つまり、セックスが脳をストレスから守ってくれるということです。
なので、性欲を我慢する事はNGで、適度なセックス・性行為が必要になります。

:性的興奮・快楽を感じにくくなる
性的興奮や快楽はセックスを我慢する事で高まるのではなく、
セックスをする事で高まるものです。
なので、セックスの回数が減ってしまい、禁欲期間が長くなると、
男性の場合は勃起力が低下し、射精しない事で体の中の非精子運動が増えて、
新しい精子が生成されず生殖機能が低下します。
女性の場合も性感度が低くなり、オーガズムに達しにくくなりますので、
自然妊娠を望むカップルは特に長すぎる禁欲には気を付けてください。

:相手との距離が広がる
パートナーとのセックスをする回数が減ってしまうと、
その相手に対して不安な気持ちを抱いてしまったり、関係が不安定になってしまいます。
そして、パートナーに魅力を感じなくなり、
他人に魅力を感じる事が多くなることも…。
なのでセックスの回数が減ってしまった時には2人で話し合う事は大事になります。

:最悪の場合病気になる事も
男性の場合、禁欲期間が長くなると前立腺がんのリスクが高くなります。
実際の研究結果で月に2回以上射精している男性と、
月に4回~8回射精している男性を比較した結果、
前者は後者に比べて22%以上も前立腺がんのリスクが低いことが判明しました。
女性の場合もセックスの維持は乳がんの軽減になりますの。

:まとめ
セックスをする頻度が少なくなってしまった男女の関係には時間がかかると思いますが、
「時間がないから」と言わず性欲を無視する事なく、
定期的なセックスで健康的な体を手に入れましょう。